【2021年版】アウディ・A1スポーツバックの中古車購入マニュアル!排気量とオプションはよく考えよう!

☆シフトノブに簡単貼り付けのリアルカーボン!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ドイツ車へ
毎日1ポチッと応援

無料で新車のような中古車をゲット!

大手中古車サイトでは見れない「非公開車両」なら、低走行の優良中古車や貴重なオプション装着車も見つかる!

全国で約500店舗を構える大手ガリバーの提携サービス「ズバット車販売」ならプロの専任担当者がクルマ探しをお手伝い

みな
登録はたった35秒で終わっちゃう!しかも無償の返品保証も付いて安心!

非公開車両なら「ズバット車販売」がオススメ!無料でプロに相談すれば輸入車の中古車も安心して手に入れられる!

2021年8月17日

アウディは、ドイツ車で代表的な3メーカーと言われるベンツ・BMW・アウディの1つです。

ドイツ車はどれも統一されたデザインと硬質な乗り味が魅力です。一度乗れば分かりますが、速度無制限区間が存在するアウトバーンに耐えうるクルマの造り込みは、国産車とは大きな違いがあります。

輸入車と言ってもアウディは故障も少なく、国産車と同じ感覚で乗れるので、輸入車の中古車を狙っている人にもオススメです。

 

そしてドイツ車御三家では、アウディは最もリーズナブルな価格帯となっています。

今回はエントリーモデルとされるA1スポーツバックを中古車で狙う注意点や価格相場について、アウディ歴13年の管理人がご紹介します。

この記事で分かること

A1スポーツバックのモデル変遷と現在の中古車価格をチェックしながら、選ぶべきオススメのオプションについても把握できます。

大手サイトの中古車を眺めるだけでは分からない、年式に応じた価格帯や装備を検討するための材料を手に入れることができます。

みな

1つ1つ目を皿にして見ていくのも疲れるし、相場感はアウディに興味のある人しか分からないもんね。

まぁでももし実際にA1オーナーが近くにいるなら、その人にもぜひ相談すべきだね。

 

中古車購入、特に輸入車は高価なので失敗厳禁

無料でプロの専任担当者に相談可能で、ネットに出回らない非公開車両から探せるズバット車販売がお勧めです。

非公開車両なら「ズバット車販売」がオススメ!無料でプロに相談すれば輸入車の中古車も安心して手に入れられる!

2021年8月17日
無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者がクルマ探しのお手伝い!

 

A1スポーツバックの生い立ち

 

アウディのモデルには頭文字に「A」が付き、その後ろに車格を表す数字が「1~8」まで設定されています。

アウディの全モデルを解説、まずはA1とA3の人気コンパクトハッチバックから!《全モデル編》1/3

2020年9月8日

 

「A1スポーツバック」はその名前の通りアウディでは最も安価なエントリーモデルとされており、2012年にA3の弟分として初めて発表されました。

みな

当時はA3に乗ってたけど、「やっと弟分ができたー!」って喜んでたのよく覚えてるよね。

当時はA5もA7も無かったんだもんね。

 

全長3,900mm・全幅1,745mm程度とコンパクトで、日本での取り回しに最適です。

みな

トヨタのヤリスと同じくらいかな。

うん、全幅はヤリスの方が狭いね

 

初めてのアウディでも、何だかカワイイようなカッコいいようなデザインで、輸入車だからと気負うことなくサラッと乗れちゃいます。

 

2019年11月にモデルチェンジされた時には、サイズやスペックはほぼ据え置きですが、エクステリアがよりアグレッシブになり男らしい雰囲気がマシマシとなりました。

A1スポーツバック35TFSIは実質400万から?まずはサイズやグレード別価格などを比較!《概要編》

2020年4月17日

 

デザイン面では非常に珍しい「コントラストルーフ」と呼ばれる、ボディの一部だけ別カラーとなる超オシャレなオプションがあります。

R8に見られるサイドブレードを模した意匠で、当時は唯一A1スポーツバックにだけ採用されていたので、大きな魅力でした。

 

 

しかしその後はQ2にも同様のデザインが採用された上に、2021年現在ではなんと標準装備となり、希少価値は失われてしまいました。

みな

でもやっぱカッコいいよねぇ、サイドブレード…。

10年以上前から使ってたR8は素晴らしいね。

 

次に走行性能ですが、エントリーモデルと言えど手抜きは一切ないのがアウディの素敵なトコです。

乗り味はしっかりアウディそのもので、ガシッとした接地感と滑らかな走りに全く妥協は感じられません

むしろA3スポーツバックよりも重厚感があるように感じます。サイズはA3スポーツバックの方が大きいですが、あちらは意外と軽快感のある走りが特徴的です。

新型A3スポーツバック30TFSI advanced(1.0TFSI)に試乗!サイズ・価格・スペックをチェック!《概要編》

2021年7月27日

 

動力性能を見ると、エンジンは基本的に1.0L・1.4Lの2種類ですが、街乗りでの加速感はそこまで変わらないので、排気量よりもオプションを重視して選んだ方が良いかと思います。

ちなみに、アウディは少し前から排気量表示を出力基準に変えているので、グレードとスペックは以下のように読み替えてください。

グレード名と排気量の対応
  • 25TFSI1.0TFSI(95ps/175Nm)
  • 35TFSI1.4TFSI(150ps/250Nm)
みな

スペックで見ると結構差があるけど、キュンキュン走るワケじゃないから、結局街乗りではそれほど変わらないんだよね。

頻繁に高速に乗るなら「ちょっと楽かな」っていう感じ。

 

車両価格は1.0TFSIで約300万・1.4TFSIで約350万前後となり、アウディでは人気のS lineと呼ばれるオプションが付くと約+40万となります。

ただ以前はS lineはオプションでしたが、今はグレード名として区別される形となり、車両価格自体に乗せられている方式に変わっています。

S line仕様になると、以下のように多くのポイントに変更が加えられます。

S lineにおける主な変更点
  • フロント、サイド、リヤのエアロパーツ
  • ホイールのインチアップ
  • 専用スポーツシート
  • インテリアのパネル変更
  • スポーツサスペンション設定

プラス40万と聞くとかなり高く感じますが、別で購入するとエアロパーツとホイールだけでそれくらいします

そのため、加えてシートやサスペンションも変更されると考えると相当お得なパッケージとなっている上に、中古車市場でも人気は高くなっています。

 

要注意ポイントとしては、A1スポーツバックとは別にA1というモデルもあることです。

こちらは2011年1月に先に発売されたモデルで、3ドアのクーペスタイルとなっています。

 

サイズはほぼ同じですが、5ドアと違ってフロントドアが短い点や、前席を倒さないと後席に座れない点には注意しておきましょう。

ホイールベースは同じなので、走りの安定感はそこまで大きく変わりません。

みな

ただ見た目は3ドアの方がクールだよねぇ…。ヨーロッパでは3ドアが人気だって聞いたよ。

日本は実用的な5ドアが人気みたいだねぇ。

 

A1は2011(平成23)年1月~2019(令和1)年9月まで販売されていましたが、現在は販売終了となっています。

なので、今新車で買うならA1スポーツバックしか買えず、3ドアのA1は中古車でしか手に入らない状態となっています。

しかしクーペスタイルならではの伸びやかなサイドビュー、コントラストルーフを装備したA1はこれ以上ないくらいのオシャレ感で、オシャレ男子のオシャレ心をオシャレに掴みます。

みな

…なんかオシャレって言っとけばイイって思ってない?

い、いやそうオシャレましても…。

 

「ハイセンスなクルマ・可愛いクルマが欲しいけどミニクーパーはみんな乗ってるしなぁ…」という人には、ほとんど他人と被らずミニクーパーよりも安く買えるA1は素敵な選択肢の1つと言えるのではないでしょうか。

BMWのオシャレ部門であるMINIのクーパーSに試乗!3ドアのコンパクトボディに凝縮された個性《概要編》

2020年5月14日

 

ただ走りの面で言うと、ミニが最も売りにしている「ゴーカートフィーリング」は素晴らしく、操る歓びに満ちています。

この点はA1スポーツバックとは大きな差があり、街中でもキビキビ走りたい人にはミニクーパーの方がオススメと言えます。

みな

BMWテイストで重厚感もプラスされていて、見た目だけじゃないトコがいいね。

ここまで軽快かつ重厚な走りとは思わなかったね。

 

ただ、A1はA1スポーツバックよりも少し価格が安くなっているので、欲しい人にはピッタリハマる1台なはずです。

 

2012年~2019年11月モデル

 

初代モデルは、少し丸みを帯びたデザインで可愛らしさが強調されています。当時のレビューでは「なんだか小型犬っぽい」なんて言われていたことも。

 

コンパクトですが車内空間は十分に確保されていて、ドイツ車にありがちな車内の狭さはあまり感じません

みな

そうなんだよね、トヨタのクラウンと同じくらいのサイズでも、びっくりするくらい運転席が窮屈だったりするもんね。

プラットフォームはフォルクスワーゲンのポロに準じているためサイズはほとんど同じですが、エンジンはポロが1.2Lなのに対してA1スポーツバックは最大1.4Lとなっています。

 

コントラストルーフでお洒落に!

 

A1スポーツバックでは、ボディとルーフの色が異なる「コントラストルーフ」というオシャレなオプションが、デビュー当初より設定されています。

デビュー当初はこのコントラストルーフが話題になっていたので、他の年式と比べると装備割合は少し高めとなっています。

ちなみにA1スポーツバックでは4本のピラー&ルーフの色が変わりますが、配色の基本パターンは以下のように指定されています。

コントラストルーフの配色パターン

1.ボディがレッド・シルバー⇒ルーフはブラック

2.ボディがホワイト⇒ルーフはグレー

3.その他ボディ色⇒ルーフはシルバー

 

どの配色もオシャレですが、コントラストルーフを選ぶ場合はボディがブラック&ルーフがシルバーよりは、ボディがホワイト&ルーフがグレーの方が締まって見えてオススメです。

派手寄りのカラーだと、ボディがレッド&ルーフがブラックやボディがブルー&ルーフがシルバーもカッコよくてイイ感じです。

みな

普段は派手な色はあまり好きじゃないけど、このA1スポーツバックならボディ赤&ルーフ黒が一番好きかも。

ボディ黒がイマイチなのは不思議だよね。

 

オプションではHIDは外せない!

 

次に装備系を見てみると、基本的にナビ(正式名称:MMIナビゲーション)やSDカード・CDオーディオは標準装備と考えて大丈夫です。そのため、「純正ナビ」や「HDDナビゲーション」と言ったタイトル表記はあまり気にしなくても大丈夫です。

みな

まぁ実際MMIナビはオプションなんだけど、ナビ付けない人なんて聞いたことないね。

SDオーディオは標準装備だね。

 

同じく「アイドリングストップ」や「エンジンのプッシュスタート」標準装備なので、間違えてオプションと勘違いしないようにしましょう。ところでプッシュスタートってタイトルに書くほどの魅力的な仕様なんでしょうか…

 

では逆に、オプションで選べる主な項目は以下の4つです。

A1スポーツバックのオススメオプション
  • HID(キセノン)ヘッドライト

⇒ぜひ付けておきたいが、多くの中古車で装備されているので安心。標準装備はハロゲンヘッドライト(昔ながらの電球)なので、先進的なアウディに乗るには避けたいところ。

 

  • アドバンスドキー

⇒装備に記載されていないことが多いので注意。この機能があれば、クルマのキーを持ったままドアノブに触れるとロック解除される。これも先進的なアウディに乗るなら欲しい。

 

  • プライバシーガラス 

装備されている可能性は結構低め。後席ガラスが視線除けの濃いめのデザインとなる。フィルムを貼ると安上がりではあるが、手間もかかる。しかしフィルムに比べるとプライバシーガラスは少し薄めで、覗き込めば中の様子は何となく分かる点は要注意。

 

  • コントラストルーフ

4台に1台くらいのレアオプション。A1のオシャレさを印象付けた、天井パネルのみ別カラーに設定できるオプションだが、高価であまり流行しなかった。

みな

HIDヘッドライトとアドバンスドキーは欲しいかな。ヘッドライトは今やもうLEDの時代だし、ドアノブに触れてキーオープンも当たり前になってるしねぇ。

常時ハイビームで走れる時代だもんね。

 

☆中古車市場の年式&価格帯は?

 

中古車市場を見ていると大体50%は走行距離3万キロ以内です。私は年間1万キロほど乗るとしても7~8年は乗れる上に、まだまだクルマも元気な3万kmを一つの目安としています。

走行距離と年式との関係を見ると、デビュー当初の2012年式で最も多いのは5万km前後ですが、意外と3万km辺りも多く、価格は100万~140万程度です。中には1万km少々の車両もあって驚きます。

ただ2012年式だともう10年近く経過していることになるので、ゴムやプラスチック等の消耗品パーツは劣化している可能性が十分あります。そのため、細々とした交換費用は最初にかかるかもしれないことは念頭に置いておきましょう。

もし古めのクルマを狙うなら、いつ頃売り出されたのか、また前オーナーが売却直前まで使用していたかどうかを販売店に聞いてみましょう。もし日頃は近所のスーパー等の短い距離しか乗っていなかったとしても、定期的に乗っていたのであればメンテナンスは行き届いている可能性が高いです。

デビュー当初の中古車価格帯

初めてA1スポーツバックが発売された2012年式でも、意外と3万km以下の車両も多く、価格は100万~140万ほど。

中には1万km程度の車両もあり、コントラストルーフのオプションが他年式より付いていることが多い。

 

「中古車ってだけで何だか気になるから、やっぱり新しいやつがいい!」と感じる人は新しめのクルマを見ていきましょう。

2018年式辺りまで新しくなると、走行距離は数千キロばっかり…と思いきや、意外と新しくなっても1万キロ~2万キロの走行距離が最も数が多いのは変わりません。

しかし、価格は大体の平均を取ると200万~240万するので、ザックリ2倍くらいの値付けとなっています。おそらく、ここまで新しくなくてもキレイな中古車は想像以上に見つかると思うので、諸手を上げてオススメとは言えません。

ただ新車で買うか中古で買うか迷っている人にとっては、やっぱり新しい車両の方が細かな部分の使用感がなく気持ちいいので、ここはトレードオフとなるポイントと言えそうです。

みな

そうなんだよね。走行距離が同じでも、年式の新しいクルマはやっぱりキレイに感じるよねぇ。

少しの汚れや欠けが気になる人は新しい年式がいいかも。

 

1.0TFSIと1.4TFSIで価格変わらず!

 

次に排気量を見ると、2015年式までは1.4TFSIの方が多く、走行距離1万キロの1.4TFSIで100万~120万で何台もあるので、この辺りは狙い目です。

一方2016年式以降の新しい車両になってくると、圧倒的に1.0TFSIが多くなりますが、古い年式の1.4TFSIと価格があまり変わらないので損した気分になってしまいます。

1.4TFSIは確かに街乗りも少しは軽くなるものの、元々レスポンスもそこまで追求されている印象がなく、ドライブセレクトによる走行感覚の変化もあまりありません。

ただもし高速に頻繁に乗るのであれば、出力にゆとりがある方が車内も静かになる上に、追い越し等もカンタンになるのでストレスが軽減されるはずです。

年式と排気量の関係

~2015年式まで1.4TFSIの方が数が多く、価格は1.0TFSIとほぼ変わらない

2015年式以降ほとんどが1.0TFSIとなる。1.4TFSIは価格もグッと上がる

 

お得に買うならオススメはコレ!

 

もし私が買うなら、以下のどちらかで決めます。

アウディ歴13年の管理人ならコレ!
  • 選択肢その1…120万~140万

2014~2015年式の1.4TFSIで走行距離3万キロ以下

オプションはHIDヘッドライト・コントラストルーフ・アドバンスドキーの3つ。あと禁煙。

 

  • 選択肢その2…130万~150万

2015~2017年式の1.0TFSIで走行距離3万キロ以下

オプションはHIDヘッドライト・アドバンスドキーの2つ。そしてまた禁煙。

 

2014〜2015年式辺りだと、1.0TFSIも1.4TFSI似た価格帯なので、それならやはり少しでもクルマが軽い方がいいかなと思います。

また当時は3割ほどにコントラストルーフが付いていて、このオプション有無による価格の違いは全く無いので、オシャレだし付けたいかなと思います。

 

次に、新しい年式を見ると普通に200万を超えていて、これならもうA3が買えてしまうので、どうしてもA1がイイ!というワケでなければあまりお買い得とは言えません。

そのため、150万までで比較的良い条件が多い2017年式までで探してみます。すると、古い年式とは異なり、1.0TFSIと1.4TFSIで30万ほどの価格差があります。

同じ価格帯なら1.4TFSIが良いですが、劇的な違いは無いことから、私なら1.0TFSIを狙います

 

またどちらも、アドバンストキーは便利でスマートなので欲しいところです。国産車でも多く採用されている上に、毎回ボタンを押すか触れるだけでドアが開くかでは、所有の満足度が全然違います

みな

あと、自分のクルマっていう実感があるから、愛着も湧いてくるよね

うん、あと荷物持ってるときにも便利だし。

 

自分で中古車を探してもなかなか見つからない時は、思い切ってプロに相談してみましょう。

ズバット車販売なら、無料でプロの専任担当者が付いてくれるので、安心して素早くクルマ探しが可能です。

しかも大手中古車サイトでは見れない、非公開車両からも探してくれるので、思わぬ好条件で安くお目当てのクルマが見つかります!

みな

例えば「価格は130万くらいで走行距離3万km以下、HIDヘッドライトとアドバンスドキー付き」って伝えておけばいいんだね。

うん、最短即日で返事をくれてスピーディ!

無料登録35秒という爆速なので、本当に良いクルマを見つけたい人、時間のない人にはオススメのサービスと言えます。

非公開車両なら「ズバット車販売」がオススメ!無料でプロに相談すれば輸入車の中古車も安心して手に入れられる!

2021年8月17日
無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者がクルマ探しのお手伝い!

 

2019年11月~モデル

 

2019年にモデルチェンジされた時は、見た目がかなりアグレッシブに進化しました。

どの速度で走っても滑らかなA1スポーツバック、でもエンジンは穏やかな味付け!?《走行性能編》

2020年4月27日

 

エクステリアの話題では、名車クワトロをオマージュした3本スリットと太いサイドピラーです。

みな

アウディの代名詞と言える「クワトロ」だけど、そのままモデル名だったんだね。

アウディの4輪駆動の優秀さを世に知らしめた名車だね。

 

スペックは先代と同じ1.0TFSIと1.4TFSIですが、呼び方が排気量ベースとなり以下のように変わっています。

グレード名と排気量の対応
  • 25TFSI1.0TFSI(95ps/175Nm)
  • 35TFSI1.4TFSI(150ps/250Nm)

 

25TFSIでも35TFSIでも、街乗りや高速での加速感はそれほど大きく変わりませんが、追い越しをする時にモアパワーが欲しければ35TFSIを選びましょう。

街乗りではそこまで大きな差は感じないものの、高速で踏み込んで追い越す時には、25TFSIより楽に加速できると感じるはずです。

 

☆年式&価格帯をチェック

 

次に年式別に価格帯を見てみると、概ね以下のようになっています。

年式と価格帯の関係

2019年式…25TFSI・35TFSIともに300~350万付近に固まっている。

2020年式以降…25TFSIは300万前後、35TFSIは330~380万と価格差が見られる

 

ちなみにグレードは、ほとんどが「advanced(アドバンスド)」で、「S line」はほとんどありません。

「ヤンチャ可愛い」A1スポーツバックなら、威圧感のあるエアロを付けるというより、装備を充実させて便利に乗りたいというユーザーの意向のような気がします。

「S line」でもインテリアのデコラティブパネルやメッキの縁取り箇所は同じなので、パッと見た目はあまり変わりません。

みな

売りとなるスポーツサスも、標準サスの方が快適で魅力的なのかもね。

まぁ標準でも柔らかくはないからねぇ。

 

 

次にオプションで押さえておくべき3つのポイントについて説明します。

大手中古車サイトでは、タイトルにグレードやオプションが羅列して記載されていますが、表記が中途半端で間違っていたり、標準装備のものをあたかもオプションのように記載していたりするので注意が必要です。

 

基本的にドライブセレクトは無し!

 

最近どのメーカーでも人気の機能として、ボタン1つで走行性能を変化させ、1台で色んな走りが楽しめる機能があります。

アウディでは「アウディドライブセレクト」と呼ばれ、多くのモデルで採用されている人気の機能です。

アウディドライブセレクトにおける全モード4種類の概要をご紹介!【S3スポーツバック所有レビュー】

2019年12月2日

 

しかしA1スポーツバックでは、このドライブセレクトは基本的に付いておらず、最上位グレードの「35TFSI S line」のみ設定されています。

みな

ということは25TFSIのS lineグレードや、ノーマルの35TFSIにも付いてないってこと?

うん、S lineって聞くと付いてそうだよね。

 

おそらく、A1スポーツバックは元々走るためのクルマではなく、ドライブセレクトを使っても乗り味に差がでないため、費用対効果からカットされたのではないかと思います。

25TFSIだと95psなので、comfortモードとdynamicモードでも劇的な変化を生じさせるのは難しいはずです。

S3スポーツバックの性能を限界まで引き出す、最も過激で速いアウディドライブセレクトの最強モード!《dynamic編》

2019年12月6日
みな

私たちのS3スポーツバックは、comfortモードとdynamicモードだと全く別のクルマみたいな走りだよね。

うん、まぁ燃費も別のクルマみたいだけど…。

 

人気のオプションパッケージ2種類

 

A1スポーツバックでは、オプションパッケージ(複数のオプションがセットになったもの)のうち人気のものが2種類あります。

それぞれ、クルマのタイトル部分に「アシスタンスPKG」「コンビニエンスPKG」と書かれているのでチェックしましょう。

2種類の人気オプションパッケージ
  • コンビニエンスパッケージ

アドバンストキー⇒キーを持っていると、ドアノブに触れるだけでロック解除でき、エンジンスタートもできる機能。

わざわざポケットからキーを取り出す必要が無い上、クルマとの一体感も感じられるオススメな機能。もし電池が切れた時は、下の記事で交換方法をチェック。

【アウディ】アドバンスドキーの電池交換における、対応電池やキーカバーを開ける方法を詳しく解説!

2020年1月23日

 

リヤビューカメラ…③とセットで、バック時の後方視界をディスプレイに映し、クルマの通るラインを描画してくれる機能。使う人は使うのかもしれないけど、サイドミラーの目視で停める私のような古い人には不要。

 

アウディパーキングシステム…②とセットで、カメラを見ながらバック駐車ができる。

 

デラックスオートマチックエアコンディショナー…温度調整をオートでしてくれ、外気が汚れていれば内気循環に変えたりしてくれる。一度温度を設定しておけば、夏も冬も同じ設定で使えるので意外と便利な機能。ちなみに温度は公式で22℃が推奨されています。詳しくは下の記事をどぞ。

単なるスリットがコインケース!?アウディS3でのインテリアおもしろ雑学3選を詳しくご紹介!

2019年12月14日

 

シートヒーター(フロント)…④のエアコンを付けた時の、左右端にあるボタンを押すことで3段階に調整可能。私は全く使いませんが、雪国の人だと寒いから使いたくなるのかな?

 

 

  • アシスタンスパッケージコンビニエンスパッケージが選択必須)

アクティブレーンアシスト…走行レーンをはみ出しそうになると、警告+操舵支援してレーン中央に戻してくれる機能。一見楽そうだが、きちんとレーンキープしてくれるか非常に不安な上、まだ法整備が進んでおらず、もし交通事故が発生した場合の責任は全て自分となるため実際に使うことは少ないと考えられる。

 

アダプティブクルーズコントロール…一度速度を設定しておけば、前走車を見ながら加減速し、ブレーキを踏まずとも停車まで誘導してくれるクルーズ機能。実はこの機能を使うと、足の負担なく楽に停車しておけるという不思議な使い方もある。詳しくは以下の記事をどうぞ。

S3ではオプションではなく標準装備のACC(アダプティブクルーズコントロール)、その設定方法やモード別の使い心地を解説!

2019年12月15日

 

アウディプレセンスベーシック…衝突の危険がある時に、シートベルトを巻き上げたりハザードランプを点灯させる機能。この機能が無くても、急動作でシートベルトはロックされるしエアバッグも作動するため、必須かと言われると…

 

ハイビームアシスト…周囲の交通状況をチェックして、ハイビーム&ロービームを自動的に切り替える機能。つまり、マトリクスLEDヘッドライトの劣化版と言った印象。使用箇所は限定されるが、クルマの少ない地方の高速道路や幹線道路で、対向車が来た時だけロービームにしてくれたら便利かも、というくらい。街中で使用するのはほぼムリと思われる。

 

ルームミラー自動防眩…ルームミラーの右側にあるセンサーで、後続車のヘッドライトが眩しい時に、自動的にミラーを暗くしてくれる機能。私はA3/S3と10年以上この機能を使っているが、確かに見ていると一定効果はあるものの、結局眩しい時は眩しい。オフにして走っていても全く走行には問題なく、ハイテク装備だと友人に自慢するための機能といった感じ。

 

アウディサイドアシスト…左右へ進路変更する時に、サイドミラーのLEDライトが点灯・点滅して並走車を知らせる機能。運転に慣れていても、合流の時は本線のクルマは結構見えづらいので、あると便利な機能。

 

押さえておくべきポイントは、アシスタンスPKGは単品では選択不可で、必ずコンビニエンスPKGとセットでなければならない点です。

おそらくアシスタンスPKGの中ではクルーズコントロールが人気ですが、単品では選べない仕様となっています。

みな

ハイビームアシストとか絶対使わないよ…。シートヒーターと入れ替えればよかったのに。

なんだか最近は商売っ気出てきたよねぇ

 

ただアドバンスドキーはコンビニエンスPKGで手に入れられるので、少なくともこちらは装備されている車両がオススメです。

 

バング&オルフセンは激レア!

 

車内サウンドの強化オプションとして用意されているバング&オルフセンは、130,000円の追加オプションです。

室内用の小さめのホームスピーカーでも200,000円、本気の音楽鑑賞用スピーカーでは1,000万円に達するモデルもある、デンマークの高級オーディオブランドです。

みな

車内スピーカーとして使ってるのはアウディだけだね。しかも他のドイツ車と比較しても一番高いブランドなんじゃない?

うーん、ベンツのブルメスターも「700万のCDプレーヤー」とか常人の理解を超えた製品あったりするからなぁ。

 

バング&オルフセンは確かに非常に高音質で、標準スピーカーとは全然違います

以前乗っていたA3はBose製スピーカーでしたが、中低域の質感や音像の広さは別次元です。

サブウーファー含めて11個のスピーカーが設置され、出力も560Wと非常に大きいため、大迫力のサウンドが楽しめます

 

ただしかし、バング&オルフセン付きの車両は超少なく、100台で1~2台あるかどうかくらいです。

他のモデルでも装備されていないことがほとんどで、クルマで音楽を聞く人は多いのにどうしてなのか不思議です。

みな

まぁそこまでいい音じゃなくても十分って思うんじゃない?

実際に聞いてみると意見が180°変わりそう。

 

総合的なオススメ車両はコレ!

 

ではこれまでの条件をまとめて、高年式のA1スポーツバックをもし私が買うなら以下で決めます。

アウディ歴13年の管理人ならコレ!
  • 価格帯は300万~330万

2019年式の35TFSIで走行距離1万キロ以下

オプションはコンビニエンスPKG・アシスタンスPKG・コントラストルーフの3つ。再び禁煙。

 

2020年式以降は、35TFSIの割高感が目立つので避けたいところです。

2019年式でも走行距離1万km以下なら十分リセールも狙える上に、コントラストルーフでオシャレゴコロも満たされます。

コンビニエンスPKGとアシスタンスPKGは高価なオプションですが、どちらもセットで付いている車両が50%近くあります。

タイトルに「アシスタンスPKG」とあれば、コンビニエンスPKGは必ず付いているので安心しましょう。

またナビゲーションPKGと書いていたりしますが、MMIナビは基本どの車両でも付いているので、あまりプラスとはなりません。

みな

やっぱり紛らわしいんだよねぇ…。何だかたくさん見てるとどこかで見落としそう…

1台1台細かく見る時間も無いからねぇ。

 

自分で中古車をチェックしていると、細かなオプションや仕様を見落とす可能性がどうしてもでてきます。

中古車を探すのが面倒な人は、プロの専任担当者にクルマ探しを手伝ってもらうこともできます。

希望の車種や年式・価格帯等を伝えるだけで、最短即日、遅くても2営業日でクルマを見つけてくれるのがズバット車販売です。

しかも、実は中古車流通の70%を占める「非公開車両」も含めた中から探し出してくれるので、大手中古車サイトには載っていないお宝車両もたくさんあります。

無料登録は35秒という爆速なので、本当に良いクルマを見つけたい人、時間のない人にはオススメのサービスと言えます。

非公開車両なら「ズバット車販売」がオススメ!無料でプロに相談すれば輸入車の中古車も安心して手に入れられる!

2021年8月17日
無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者がクルマ探しのお手伝い!

 

まとめ

 

今回はアウディのエントリーモデルである、A1スポーツバックの中古車選びについて、価格だけでなくエンジン性能・グレード・オプション等、様々な視点から切り込んでみました。

新車で買うと、諸費用込みで400万は下らない高級コンパクトカーですが、少し昔の年式なら150万もあれば良い条件で選べます。

HIDヘッドライトやアドバンスドキーの他、コントラストルーフはA1スポーツバックならではなので、可能であれば欲しい所です。

ただ中古車は常に入れ替わっているので、日々チェックしてお宝クルマを取り逃さないようにしましょう。

アウディの便利グッズ&おもしろ雑学

アウディの試乗レビュー・便利グッズ・おもしろ雑学を総まとめ!フォーシルバーリングスの変遷も!

2021年5月5日
みな
輸入車オーナーなら誰でも楽しめる!

状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!

カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車も含まれる特殊な中古車が存在します。

普通のクルマ探しをしているだけでは見ることができず、ほとんどが一般に公開されるまでに買い手が決まるため、大多数の人は知らず知らずのうちに「残りモノ」から中古車を購入させられてしまっています。

みな
そうなの!?むむむ…ガンバって一生懸命探してたのにぃ…

 

そこで、全国に約500店舗を構え、累計販売台数は100万台超の最大手ガリバーが提携しているサービスで、誰でも非公開車両からお宝クルマを探すことができる「ズバット車販売」の登場です!

ネット登録で伝えるべきは「車種」「予算」「年式」の3つだけ

また貴重なグレード・オプションの希望があれば事前に伝えておくと、毎日500台登録される中古車からプロの専任担当者が紹介してくれます!

みな
登録はたった35秒!後は希望のクルマが見つかるのを待つだけ!

しかも連絡は2営業日以内とこれも早い!

 

自分の希望にピッタリ合うクルマを探すのはとっても大変です。

しかし、非公開車両にはネットでは見れないような好条件の車両もたくさんあり、選択の幅が倍増します。

実は以前は同様のサービスが他にもありましたが、ドンドン減少しており今は「ズバット」ほぼ一択の状態となっています。

そのため「ズバット車販売」もいつ無くなるか分からないので、購入するまで無料のこのサービス、良質な中古車を探しているなら今のうち!

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!












高反発でも低反発でもない高機能クッション

エクスジェルは奇跡の高級シートクッション!どれだけ運転しても背中も腰もお尻も痛くない!

2020年11月17日
みな
驚きの新素材エクスジェルで快適ドライブ!もう腰もお尻も痛くない



ついにドイツ車にもサブスクで乗れる時代が来た

外車・輸入車も選べる自動車サブスク「SOMPOで乗ーる」なら、安心して月額コミコミで新車に乗れる!

2020年9月13日
みな
アウディA3やVWゴルフなら5万円台から!輸入車サブスクのぽでのる


ガラスコーティングが自宅で施工できちゃう!?

ピカピカレインなら9,980円で100,000円相当のガラスコーティング!誰よりも美しい驚きの艶をあなたに!

2020年8月9日
みな
楽天ランキング第1位常連の凄いコーティング!しかも驚きの税込み9,980円



タイヤは購入と取付予約でワンセット

タイヤフッドなら無料でオートバックス等店舗へ取付予約可能!製造2年以内のタイヤを安く安心して買える!

2020年5月11日


空きスペースで簡単副業、月収9万超も

「特P」なら空きスペースで簡単副業!初期費用も固定費も0円で、好きな時だけ時間貸し!

2020年9月28日



約5,000社のオークションで高価買取

簡単高価買取を目指すあなたに入札システムのユーカーパック!車の引渡しや入金までしっかりサポート!

2020年11月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です